税金 滞納

税金を後回しにしてはいけません!

 

住宅ローンの返済が厳しい、ということは家計に余裕がないということでしょう。
ただし、そのような場合でも、税金を滞納してはいけません。

 

現在、日本全国の各自治体ともに、未納分の税金回収により一層の力を入れています。
税金についてきちんと対応しないと、高い利率の延滞税が課せられるだけでなく、自宅や車などの資産を差し押さえられることになりかねません。

 

一般的に、税金の滞納については、その他の支払いと違い軽く考えられる傾向にあります。
延滞が重なって、税金未納分が多額になってはじめて「どうしよう」と考えたり、中には役所から差押予告書又は公売予告通知書が届いてから慌てだすという人もいるくらいです。

 

税金の滞納については、

 

・税金は待ってもらえると思った
・一回滞納したら、ズルズルと後回しにしてしまった

 

などと勝手に考えて、「つい滞納してしまった」というケースが多いです。
また、住宅ローンの滞納で競売の申し立てをされ、税金の滞納で役所から自宅を差し押さえされている、つまり住宅ローンも税金もどちらも滞納しているという人も少なくありません。

税金を滞納すると差押えされる

税金滞納による差押えの対象は様々です。

 

まず最初にターゲットになるのが預金口座です。
滞納者の中には、税金は支払っていないが預金をしている、という悪質な人がいるということで、口座が差し押さえられてしまいます。
もちろんこの場合には、給与の振込み口座も対象になります。

 

給与自体も差し押さえされますが、その額は手取り額の4分の1が上限と決められています。

 

しかし、給与の振込み口座がない、あるいは、借金の返済で残高がマイナスになっている口座では凍結しても意味がありませんので、そのような場合には、住宅や自動車・貴金属類などの資産が差し押さえの対象となります。

 

余談ですが、最近ではヤフオクなどでも「公売」として取り扱われているので、差押え品を目にする機会があるかもしれません。

 

住宅や土地などの不動産が差し押さえられると、不動産の登記簿謄本に「差押」という登記が入ります。

 

差押登記がされた不動産は、勝手に売却することができません。
たとえば、任意売却をするにしても、差し押さえの解除がなされなければ任意売却は認められないのです。

 

差押登記を解除するには、解除費用が求められます。
解除費用とはつまり、滞納した税金+延滞税で、基本的には全額納付が求められます。

 

状況によっては、納付についての話し合いに応じてもらえる可能性はあるようですが、これまで督促に対して連絡をしなかった等、対応が不誠実だった場合には、話し合いに応じてもらえない可能性が高いです。
また、もし話し合いに応じてもらえたとしても、滞納額に比例して解除額が高くなることは必至です。

 

いったん税金を滞納し始めると、ズルズルと延滞を続け、その結果固定資産税だけでウン十万円・ウン百万円という高額滞納になってしまうケースは少なくありません。
税金滞納を安易に考えて後回しにすることで、状況は悪化の一途をたどります。

 

差押えを防ぐためには、とにかく早い段階で役所に相談することを心がけてください。
そして、以降の支払いの見通しが立たたない場合には、家計の収支を見直して、出費の予定は極力避けて、早めに備えれるよう計画を立てることが重要です。

 

住宅や自動車といった資産がある場合には、差押えられて公売にかけられる前に、売却して返済原資に充てることを考えましょう。

 

→24時間対応・秘密厳守!任意売却に関する無料相談はこちら

 

→自動車を高く売るなら一括査定が便利!ご利用はこちら

 

関連ページ

住みながら問題解決する方法
住宅ローンを滞納しそう、あるいは滞納してしまったとき、マイホームに住みながら問題解決する方法をお伝えしています。
住宅ローンの返済に困っているなら
住宅ローンを滞納したときにはどうすれば良いのか、問題解決の方法を考えてみました。
住宅ローンが破綻するリスク
住宅ローンのリスクと破綻を避けるための知識と問題解決方法をお伝えしています。
住宅ローンが払えなければ自己破産?
住宅ローンを滞納したからといって、自己破産しなくてはならないわけではありません。このページでは、住宅ローンが払えないとどうなる?どうすれば良い?について、さまざまなケースといくつかの問題解決の方法をお伝えしています。
住宅ローン地獄
住宅ローン地獄に陥ったときどうすれば良いのか、問題解決の方法をお伝えしています。
住宅ローンを滞納したらスグに相談
住宅ローンを滞納したとき、個人で悩んでいても時間が経過するだけで何の解決にもなりません。現状に則した解決方法を探るためにスグに専門家に相談してください。
住宅ローンに返済猶予はある?
住宅ローンには返済猶予があるのか、滞納したときどうすれば良いのか、など問題解決の方法をお伝えします。
住宅ローンを延滞するとどうなる?
住宅ローンを延滞したときどうすれば良いのか、問題解決の方法をお伝えします。
任意売却と競売の違い
住宅ローンの滞納と深いかかわりがある、任意売却と競売の違いについてお伝えします。
任意売却後の残債はどうなる?
住宅ローンを滞納した際、任意売却を行った後の残債について、どうすれば解決できるのか、対処の方法をお伝えしています。
任意売却について相談する
住宅ローンの滞納問題を解決する手段の一つとして、任意売却は有効な手段ですが、素人が手続きをすることは大変な困難をともないます。このページでは任意売却相談について、詳しくお伝えしています。
高齢者の住宅ローン破綻
最近は、比較的高年齢で住宅ローン融資を受ける人が増えていますが、その一方で、高齢者の住宅ローン破綻も急増しています。このページでは、破綻前にできる対策についてお伝えしています。